私がツイッターをできるだけ控える理由とサービスの受け手側になってはいけない理由

私がツイッターをできるだけ控える理由とサービスの受け手側になってはいけない理由

今日はツイッターについて。

私、ツイッターアカウントは持ってますが、普段はあまりツイートしたりしないようにしてます。一日一回するかしないか。リツーイートも週に2回するかどうか。リプが来ても無視かいいねくらいでとどめます。

理由は疲れるから。それに時間がもったいないです。昔は食い入るようにツイッターを利用してましたが、ある日それが無駄なことに気付いてしまいました。それに私は自分が意志が弱い事を理解しているので、利用しすぎるとTwitterにはまってしまうのが目に見えてるんですよね。なので利用は最小限を心掛けてます。

情報収集とかには悪くないので見る分にはちょっとは利用してますが、誰かとやりとりをするのは出来るだけ避けたいところです。あくまでたまにのブログ投稿したよって発信がメインですね。

ちなみに一番Twitterで無駄だなと思うのはバズッたツイートに対するリプを返し続ける事。リプをひとりひとりに返すくらいなら普通に自分の考えをツイートしてリプへの返事はしないほうがいいです。いくら時間があっても足りないですからね。

例えば否定的なリプに対してそこにいちいちリプを返すのは超絶労力の無駄になります。リプを返す時間があるなら自分の時間を大切にしたほうがいいです。無視して煽られてもスルー出来るのが賢い大人だと思います。

それとツイッターに限らずあらゆるサービスは受け手側に回るといくら時間があっても足りないようにできてますから、何かやりたい夢などがある場合はサービスを受ける側に回ってはいけないです。

ツイッターでフォロワー何人とか掲げてるならツイートはするべきでしょうが、そうじゃないなら最小限の利用にとどめたいものです。

例えばブログをするのが目標なのにブログは毎日更新せずにツイートを毎日してたらブログの技術はあがりません。

ユーチューバーになりたいのにユーチューブに動画投稿せずにユーチューブの動画を見続けていたらいつまで経っても投稿数も再生数も増えることはありません。

本当に追いかけたい夢があるなら絶対にサービスの受け手側にはならないように気を付けましょう。それではまた。

↓最近の私のおすすめの本です。良かったらチェックしてみてください。

雑記カテゴリの最新記事