ニンテンドースイッチのコントローラーでPCゲームを遊ぶ3つの方法

     最終更新日:
  • 2018.04.18
  • ゲーム
ニンテンドースイッチのコントローラーでPCゲームを遊ぶ3つの方法

どうもぐみんです。

今日はNintendo Switchの各種コントローラーでSteamなどのPCゲームを遊ぶ方法を紹介したいと思います。

前回、ニーアオートマタがsteamで半額だったので買ってプレイしてみたの記事の中で、「キーボード操作に適していない。コントローラー必須」というような発言をしました。

私自身、いつかはXbox360コントローラーを買わなければならないなと思っていました。

そんな時、以前こんなTwitterが話題になったのを思い出しました。


ブルートゥースで接続することで、スイッチのJoy-Con(ジョイコン)でパソコン操作ができるよ!ていうこのツイート。これを思い出した瞬間、「あれ?これが可能ならスイッチのプロコンでPCゲームもできるのでは?

と思い色々試してみたところ、ニンテンドースイッチのプロコン、ジョイコンそれぞれで、PCゲームを遊びつくすことが出来ると判明しました!しかもすごく快適!というわけで、実際にPCゲームを遊ぶ為の方法説明していきたいと思います。

目次

まず知っておきたいことと前準備

最初に、スイッチコントローラー(以下プロコン、もしくはジョイコン)でPCゲームを遊ぶ時、知っておきたい注意点と前準備について説明します。

ニンテンドースイッチのコントローラーで遊ぶ時の注意点

プロコンやジョイコンでPCゲーム遊ぶ際、いくつか注意しないといけないことがあるので知っておきましょう。

スイッチのコントローラーは正式対応しているわけではない。

プロコンやジョイコンはPCゲームに正式に対応しているわけではありません。なので、必ずしも全てのゲームで遊べる保証はありません。現時点においては、理論上は全てのPCゲームをプレイすることが可能だと思います。たぶん。

キーコンフィグはXbox仕様になる。ABXYボタンに注意!

プロコンがPCゲームに正式対応していないので、キーコンフィグ画面や仕様などはXbox準拠になります。なのでLボタンはLB、ZLボタンはLT表記になってしまいます。

まあLRボタンに関してはすぐ慣れるのですが、問題はABXYボタンです。スイッチのボタン配置とXboxのボタン配置がAとBXとYそれぞれ逆なのです。なので、PCゲームでAボタンを押さなければならないところは、プロコン上ではBボタンを押すことになります。これが嫌な場合は少し設定をいじる必要があります。

PCとBluetooth接続すると、スイッチとのペアリングが切れる

プロコンやジョイコンは一度PCと接続すると、スイッチ本体とのペアリングが切れるので、注意が必要です。ジョイコンなら本体と合体させるだけで勝手に再ペアリングされますが、プロコンの場合はコントローラー設定から繋ぎなおす必要があります。

プロコンをスイッチに接続しなおすときはコントローラー設定の持ち方/順番を変えるから行える。

ジョイコンのスティックは、アナログ操作が出来ない。

ジョイコンのスティックはアナログスティックとして上手く反応してくれません。なので、ジョイコンでのアナログ操作は出来ません。(上下左右へのキー割り当ては可能です)

パソコンをBluetoothに対応させよう

まず初めにパソコンをBluetoothに対応させなければなりません。プロコンはPCとケーブルで直接繋ぐことは出来ますし、認識もします。が、コントローラーとしての操作は受け付けてくれません。なので、必ずBluetoothで接続しなければなりません。

最近のノートパソコンは最初からBluetooth対応のものもありますが、デスクトップPCだと対応してないことが多いと思います。なのでまずBluetooth環境がない場合、Bluetoothアダプタを購入しましょう。ちなみに私はアマゾンでこちらの商品を購入しました。不具合もなくおすすめです。

実際に接続してみよう

Bluetoothアダプタを購入してパソコンに取り付けたら、プロコンをBluetoothで接続してみましょう。方法は簡単です。まずはWindowsの設定を開きましょう。Windowsマークから設定をクリック

 

開けたらデバイスをクリック。

Bluetoothがオフになっていたらクリックして、オンにします。

オンになっているのを確認できたら、プロコントローラーのシンクロボタンを長押しします。


プロコンのシンクロボタンはプロコンのtype-C充電端子の横にあります。


ジョイコンはSR、SLボタンの間の丸いのがシンクロボタン

長押ししてスイッチのランプが点滅を始めたら、設定の「Blutuoothまたはその他デバイスを追加する」をクリック

「デバイスを追加する」のBluetoothをクリック。

「Pro Controller」が表示されていると思いますので、それをクリックしてください。しばらくすると接続済みと表示されます。

これでプロコンの接続は完了しました。ジョイコンも同じ方法で接続可能です。(表記はJoy-Con(L)もしくはJoy-Con(R))

ちなみに接続を切るときは、シンクロボタンを一回押すだけで可能です。再接続する場合はボタンを押すだけで勝手に再接続されます。

スティックのニュートラル設定を覚えよう

プロコンのアナログスティックの機能を使うとき、必ず覚えておきたい設定があります。それが、ニュートラル設定です。スティックがおかしいと感じた時、まずこの方法で設定してみてください。以下手順。

Bluetoothとその他のデバイスの右側の、関連する設定から「デバイスとプリンター」をクリック

デバイスとプリンターのデバイス中にある、「Pro Controller」を右クリックして、ゲームコントローラーの設定をクリック

上記の画面のプロパティをクリック。

するとこのような画面が出てきたと思います。ここでスティックの設定を行います。

まずは現在のタブが「テスト」になってると思うので、「設定」のタブに切り替えて調整をクリック。

上の画面になったら「次へ」を2回押してください。

x軸y軸の白い画面に+マークが荒ぶっていると思うので、左スティックを最大まで倒してぐるぐる回してください。成功すると+マークが中心で安定しますので「次へ」を2回クリック

今度は右スティックの設定です。まずはx軸、スティックを左右に最大まで倒します。出来たら「次へ」

今度はy軸なので上下にスティックを最大まで倒します。終わったら「次へ」

この時青のゲージがゲージ端まで届きませんが、気にしなくて構いません。

最後に「完了」を押してスティックの設定は終了になります。お疲れさまでした。

あ、最後に右下の適用を押すのを忘れないでくださいね。設定が終わったらこの画面は閉じて構いません。

なにかスティック操作がおかしいと感じたら、まずはこの方法で調整してみてください。改善される可能性があります。

Switchのコントローラーで遊ぶ方法は大きく分けて三種類

プロコンをPCと繋ぐことが出来たら、次は実際にPCゲームを遊べるように設定していきましょう。色々試してみたところ、個人的に覚えておきたいと思った3つの方法を紹介していきます。

方法A.JoyToKeyなどを使ってキーボード操作を割り当てる方法(プロコン、ジョイコン対応可)

まずは基本となる、コントローラーのボタンにキーボードのキーを直接割り当てる方法です。ここでは有名なソフト、JoyToKeyを使用する方法を説明します。

1.JoyToKeyをインストール

まずはJoyToKeyをインストールしましょう。こちらのサイトからダウンロード出来ます。JoyToKey公式ホームページ

ダウンロードされたフォルダはzipファイルですので、全て展開でファイルを開いて、その中の.exeファイルを実行します。すると、以下のような画面が出てくると思います。

無事に開くことができたら次に進んでください。

2.対応しているボタンを確認する

この状態でスティックやボタンを押してみてください。コントローラーが検出されていたら対応したボタンの部分が黄色く光ると思います。


上の画面は、左スティックを下に倒し、LボタンとZLボタンを押したところ

3.実際にキーを設定してみよう

どこに何が対応しているか分かったら、遊びたいゲームのキーボードに合わせてキーを設定していきます。

設定したいボタンの部分をダブルクリックすると以下のような画面が出てきます。Altのところにカーソルを合わせて好きなキーを設定してOKボタンを押しましょう。


スクリーンショットの関係で画面ではAltキーが設定されている。

例としてとりあえずキーボード移動のWASDを左スティックに割り当ててみます。


この状態でゲームを起動すれば左スティックでキャラクターの移動が出来るようになるはずです。他のキーは遊びたいゲームに合わせて、好きなように割り当ててみましょう。

JoyToKeyのメリットデメリット

この方法で操作するメリットはコントローラーにキーボードのキーを割り当てるだけなので、全てのゲームに対応させることが出来る点です。

またこのキーボードを割り当てる方法でのみジョイコンによる操作が可能な点も大きなメリットです。(残り2つの方法はジョイコンでは不可)

またゲームだけでなく、最初のTwitterのように、絵を描くときの補助デバイス的な使い方なども可能になります。あなたの発想しだいで様々な使い方ができるのでこの方法は是非覚えておきましょう。

デメリットとしては、左スティックでのキャラ移動をアナログ操作で行えない点です。左スティックにWASDキーを割り当てると、8方向にしか移動できないので、少し違和感を感じるゲームが出てくるかもしれません。

デメリットとしてもう一つ、PCゲームは数多くのキーボードのキーを使うので、ゲームごとに設定をいじるのが大変というのがあげられます。ゲームによっては設定に少し根気がいるかもしれません。

方法B.Steamのサポート機能を使ってプロコンを対応させる方法

次に紹介する方法は、Steamのコントローラサポート機能を使ってゲームを遊ぶ方法です。この方法ならSteamのゲームを全て遊ぶこともできますし、左スティックによるアナログ入力で、キャラの移動などを滑らかに行うことが出来ます。

1.スチームを起動して設定を開く

まずはスチームを起動しましょう。


起動できたら、メニューバーの表示タブから「設定」をクリック


メニュー欄のコントローラをクリックして、「一般のコントローラ設定」をクリックしてください。以下のような画面がでるはずです。


検出されたコントローラーにswitchがあるのを確認できたら、「一般のゲームパッド設定サポート」にチェックを入れてください。

これでゲームを起動すれば遊ぶことが出来るはずです。

Steamのサポート機能でのメリットデメリット

この方法におけるメリットは、Steamのゲームなら簡単に遊べる点でしょう。細かい設定はしなくていいのがいいですね。逆にデメリットとしてはSteam以外のゲームが遊べないことと、ゲーム上でのコントローラー表記や操作がXbox仕様になることですね。この点には注意が必要です。

方法C.プロコンをXboxのコントローラーと認識させる方法

さて、2つ目に紹介した方法ならスチーム上のゲームを遊ぶことは出来ても、それ以外のゲームを遊ぶことは出来ません。Uplay上などで動かすゲームの場合は、Xboxのコントローラーにしか対応していないゲームがあるからです。

JoyToKeyを使ってキーボード操作で遊んでもいいのですが、やはり左スティックで滑らかにキャラの移動させることが出来なくなってしまいます。そこで「Xbox360ce」というソフトを使い、プロコンをゲーム側でXboxコントローラーと認識させることで遊ぶことができるようになります。以下方法

1.Xbox360ceをダウンロードする

こちらのサイトからXbox360ceをダウンロード・展開してください。Xbox 360 Controller Emulator

展開するときは、ドキュメントなどにXbox360ceのフォルダを作って、そこに入れておくと後々便利です。

2.Xbox360ceを起動してキーコンフィグをする

実際にXbox360ceを起動してみましょう。起動すると以下のような画面が出るはずです。


画面上の「Create」をクリック


下側の「Next>」をクリック


最後に「Finish」をクリック。

これで自動的にボタンの割り当てが完了します。後は自分の好きなようにボタン配置をカスタマイズしましょう。もちろんそのままでも問題ありません。

ボタン設定が終わったら右下の「Save」のクリックを忘れないようにしましょう。

※ゲームを起動してスティックの設定がおかしい時は、一度左下の「Game」をクリックしてスティックの調整をしておいてください。

設定が終わったらXbox360ceを閉じてください。その時フォルダの中には3つのファイルがあるはずなのでそれも確認しておいてください。


上記のようなファイルが3つ出来る。

3.exeファイル下にXbox360ceを配置する

設定が終わったら、実際に遊びたいゲームの.exeファイルと同じ場所Xbox360ceの全てのファイルをコピペしましょう。

まずは設定し終わって出来た、3つのファイルをコピーします。


上記の3つのファイルをコピー

実際に遊びたいゲームの.exeファイルのフォルダを開きます。今回は「watch_dogs.exe」の入っているフォルダになります。


人によってゲームの保存場所は違うので頑張って探しましょう。

.exeファイルが見つかったらその下に、先ほどコピーした3つのファイルを右クリック、貼り付けでペーストします。


最終的にこのような感じになれば設定は終了です。ゲームを起動して、操作できるか実際に確認してみてください。

Xbox360ceのメリットデメリット

この方法のメリットはXboxコントローラー対応のPCゲームを遊べる点です。デメリットとしては、遊びたいゲームごとにファイルをコピペしないといけない点と、Steamと同じでゲーム内でのボタン表記などの仕様が、Xbox準拠で遊ぶことになる点です

まとめ

少し長くなりましたが、以上でスイッチのコントローラーでPCゲームを遊ぶ方法の説明は終了です。みなさんもこれらの方法を駆使して、快適なPCゲームライフを送ってみてください。

ゲーム機をニンテンドースイッチしか持ってない人は、Xboxのコントローラーをわざわざ買わなくていいメリットはとても大きいと思います。少なくとも私は、すごく快適になりました。

ただ最初に説明した通り、コントローラーをPCと繋ぐと、スイッチ本体とのペアリングが切れてしまうので、PC用兼友達来客用の予備としてもう一個コントローラーを買っておき、普段はPC用専用のコントローラーとして使用するのをおすすめしときます。

 

Nintendo Switch Proコントローラー
Posted with Amakuri at 2018.4.18
Nintendo Switch
任天堂

 

こうしておけばわざわざスイッチのゲームをやるときに、コントローラーを接続しなおす手間が増えなくて済みますからね。ではまた!