歯が痛いから歯医者に行ったけど虫歯じゃなかった話

     最終更新日:
  • 2019.05.18
  • 雑記
歯が痛いから歯医者に行ったけど虫歯じゃなかった話

どうもぐみんです。

今日は虫歯だと思って歯医者に行ったら虫歯じゃなかった話をしたいと思います。

違和感はだいぶ前からあった

恥ずかしながら違和感はだいぶ前からあったんです。ただ染みたりするあのズキズキする感覚はなかったので、ずっと放っておきました。さっさと歯医者いけよという話ですがね

あるときから露骨に右下奥歯が痛み出す。

そのまま違和感を無視していると右下の奥歯が明確に痛いと感じるようになりました。ただ冷たい水を飲んで染みたりすることはありませんでした。しかし、何も食べてない状態でも鈍い痛みがずっと口の中を攻めるので、このまま痛みが慢性化すれば精神が不安定になると思い、めんどくさいと思いながら歯医者にいくことを決意しました。

歯医者に行くと虫歯じゃないと言われる

歯医者で症状を伝え実際に口の中を見てもらうと、医者は不思議そうな顔をしました。なんと歯が痛かったにも関わらず虫歯ではなかったのです。色々質問されたり、レントゲンを撮られて詳しく調べていった結果、原因が判明しました。

歯が痛かった原因は歯茎だった

歯を痛いと感じさせていたのは実は歯茎の炎症のせいでした。歯医者さんから「物を食べたりするとき染みたりする?」と聞かれた時そういえば染みるような痛みは感じたことないなと思い出しました。なるほど痛みが歯茎の炎症のせいならなっとくです。というか歯茎のせいで歯が痛くなることあるんですね。

その後歯に溜まってる歯石を取り除き、口の中を掃除して経過を観察することになりました。

治療から数日たちましたが面白いように痛みが消え、違和感もだいぶ緩和されたような気がします。こんなことならもっと早く歯医者に行っておけばと後悔しました。

みなさんも歯に少しでも以上を感じたら面倒でもすぐ歯医者に行くことをおすすめします。それではまた。