炎舞炊き4合モデル レビュー 扱いやすさが最高です

雑記
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。今日は炊飯器を買い替えたのでレビューしていこうと思います。どうせ買うならと思って象印の炎舞炊きの4合モデルを買ってみました。

果たして、高級炊飯器で炊くお米はおいしさに違いがあるのでしょうか?

購入した理由

まず炊飯器を買い替えた理由ですが、今まで使っていた炊飯器で炊くごはんがくさくかったからです。

もう約10年ほど前のモデルで、どう考えても買い替え時期は迎えています。我が家はお金がもったいないからか、使えるものは使い続けるスタンスなので、壊れない限り買い替えようとしません。

でもそうやって古い物を使い続けて、良いものに買い替えない方が結果的に時間もお金も損をすると私は思ってるので、じゃあ自分がお金を出して買い替えようと思いました。

で、どうせ買うならやはり高級炊飯器かなと思ってました。味に違いがあるか、気になったからです。動画やブログで高級炊飯器のレビューを見ても、変わるって人と変わらないって人意見がバラバラなんですよね。じゃあ自分で確かめてみるしかないじゃんって思いました。

今まで使っていた炊飯器も古いものの、当時は割と上位のグレードのものだと母から聞いていたので、そこから味の違いが出るか気になったってのもあります。

炊飯器の選ぶ目安として、使いやすそうかどうかも基準にしました。結果、炎舞炊きの4合モデルが自分に丁度いいと判断しました。最終的な決め手をまとめると下のような感じです。

  • 現在は2人で住んでいるので4合サイズが丁度いい
  • 4合モデルなので他の5.5合の高級炊飯器より本体サイズや重量が小さめ
  • 内部がシンプルな構造でお手入れしやすい
  • 洗い物が内蓋2枚と内釜だけ

開封の儀

それではさっそく開封して中を見ていきたいと思います。人生初の高級炊飯器・・ワクワクします。

本体の前に立つしゃもじ。自立型のしゃもじが付属するのは嬉しいですね。本体と同じ黒色なのも嬉しい。自立するしゃもじは持ってるのですが、こっちの方が今まで使ってたしゃもじよりわずかに重く、重心のバランスが取れていて安定して自立して使いやすかったです。

紙類は取扱書のほかに、美味しい炊き方のコツやDVDなんかも付属していました。

取説書の中には簡単なレシピもカラーで入ってます。

というわけで本体のお披露目です。かっこいい!シンプルなデザインで扱いやすそう。

側面も無駄な段差が一切なくお手入れが簡単。

ディスプレイは既に時刻があった状態でした。内部電池で動いてるみたいですね。メニューは文字の黒色がオレンジの上にハッキリ表示されていてとても見やすいです。

液晶の位置も以前の炊飯器は側面だったのが、炎舞炊きは液晶が上面にあるので上からとても見やすくていいですね。

内部はお手入れのしやすさを考えたフラット構造で溝が少ないです。更に内釜を取り出すときは持つ部分が少しへこんでくれているので使いやすくなってました。

奥側はさらにシンプルで汚れてもさっと拭取りやすいです。

内釜と軽量カップです。軽量カップは普通の白米用と無洗米用のカップが2種類入ってました。内釜は一般的なシンプルな構造でとても使いやすいです。演舞炊き以前のモデルだと羽根つきでとても重くて毎日使うものとしては絶対使いたくないと思っていましたが、これは割と軽いので、毎日使っても苦にならない重さでした。

内蓋です。この内蓋は2枚構造になっていて、簡単にはずす事が出来ます。

今まで使っていた炊飯器と食べ比べてみた

ではでは、今まで使っていた炊飯器と食べ比べてみたいと思います。洗い方で違いが出ないように無洗米で水を入れるだけで炊いてみます。

今回は2合炊いてみる事にしました。

炊飯時間は約1時間です。早炊きで約30分くらいになります。今まで使っていた炊飯器は普通に炊いて35分くらいだったので、約2倍ですね。ただこれは吸水時間も含めての時間みたいです。

昔はよく、おいしいご飯を炊くなら30分は吸水させましょうとか言われてましたが、最近はそういうのも必要なくなったんですね。無洗米ならほんとに水入れてスイッチ入れて放置でいいのでとても楽です。

炊きあがたってすぐにほぐした写真がこんな感じ。お米はしっかり立ってるように見えますね。ちなみに炊飯後はすぐにほぐした方がいいらしいです。

今まで使っていた炊飯器はこんな感じ。釜に白い痕がついてますが、ご飯自体はおいしそうに炊きあがってます。

というわけで2つ炊飯器でお皿に乗せて食べ比べて見ます。正直見た目の違いじゃ全く分かりません。この写真だけで分かったらあなたは凄いです。

では実際に食べ比べてみた感想ですが、最初こそ食感や甘味が炎舞炊きの方がおいしいと思ったのですが、前の炊飯器も匂いはくさいものの、味はほぼ同じだなと感じました。ちなみに上の画像は左が炎舞炊きです。

それでも一口目は炎舞炊きの方が僅かに優勢かなと思ったのですが、2口3口と交互に食べて行けば行くほど、味の違いがまったく分からなくなりました。5口目以降にもなると、もはや前の炊飯器のご飯の臭さにも慣れ、正直どっちがどっちか分からないレベルになってしまいました(笑)

要ははそれだけ味の違いは微差だということですね。お米の味に満足してないって理由で炊飯器を買い替える人はがっかりすると思います。味の違いが正直よく分からないと主張しているブロガーやユーチューバーの意見は信用して良いと思います。

10年前から炊飯器はもう充分優秀だったという事でしょうね。炊飯器は値段=味で選ぶより、普段の使いやすさで選びましょう。お米の味に満足してない人はお米を変えた方が効果的です。

一応保温した時の味の比較も、数時間ごとに分けて試しましたが、今まで使っていた炊飯器はくささがどんどん凄くなったものの、味の違いはやはりあまり感じませんでした。食感に関してやや炎舞炊きの方が保ってくれている印象を受けましたね。それでも30時間も経つと味も食感もそれなりに落ちましたが。

あ、今までの炊飯器で炊いたお米を食べる時に感じていた臭さは完全になくなったので、匂いのストレスからは完全に開放されました。やっぱ炊飯器は定期的に買い替えないとダメですね。

味以外で良かった点

全体的に取り回しやすい

高級炊飯器の中では内釜が軽い部類なので、とても扱いやすいです。毎日使うものだからこそ、釜が重いのはほんとにありえないと思いますから。4合モデルなので重さだけでなく、大きさも5.5合モデルより一回り小さい為とても取り回しやすく、洗いやすいです。

今まで使ってた5.5合の内釜と比較するとこんな感じ。左が炎舞炊きです。重さはどちらも約1キロ弱で変わらないのですが、小さくなった分炎舞炊きの方が、台所で蛇口にぶつかったりする心配が減ってとても良かったです。こういう地味なストレスが軽減されるのも大切だなあと感じました。

まとめ

味があまり変わらなかったのは残念ですが、炊飯器の扱いやすさが格段にあがったので、購入して良かったなと思います。

5.5合モデルはいらないけど、3合モデルだと小さすぎると考えてる人にとって、4合モデルはほんとに丁度いいサイズ感だと思います。おすすめです。

もし今使っている炊飯器が古かったり、使いにくさを感じていたのなら、思い切って炎舞炊きへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?それではまた。

個人的評価(5段階):星4つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました