習慣を身に着けるなら量を減らして頻度を増やすのが良い話

     最終更新日:
  • 2019.05.28
  • 雑記
習慣を身に着けるなら量を減らして頻度を増やすのが良い話

ビクトリア大学で習慣に関する面白い研究が発表されたようです。DAIGOさんが紹介しているので興味のある人は是非見て下さいl。

週2で続けるよりハードルを下げて週4以上がおススメ

例えばあなたが筋トレやランニングなどの運動を習慣にしたいとしたとしましょう。多くの方が時間が取れない事を理由にしたり、超回復の理論を使って週2程度でスケジュールを組んでしまうということは多いケースだと思います。よく「最初は週2程度から初めよう」ってブログ記事も多いですし。しかしそれだと習慣に失敗しやすくなるわけです。

それなら一度のトレーニング量や時間を減らして代わりに頻度を上げる事で習慣化するようにしてしまいましょう。筋トレは現在の科学では総負荷量が同じであれば筋トレの効果は変わらない事が証明されています。極論を言ってしまえば週に一度700回腕立てするのと毎日100回腕立てするのは効果はほとんど変わらないということ(もちろん極論なので真に受けすぎないでね)。なら一日のトレーニング量を減らして週の頻度を上げた方が習慣化の面でも効果的ということです。

今のは極端な例なのでトレーニング初心者ならもっと少なくて良いでしょう。腕立てなら10回ないし1回からでも良いです。ランニングを習慣にしたい人なら歩くことから始めたりしてもいいと思います。その代わり週の頻度は増やすようにしましょう。

私が書いているこのブログも同じですね。クオリティの高い10000文字以上の記事を週に1回や2回書くより、文字数は気にせず週4もしくは毎日やるほうが習慣化の面では有利と言うことです。アクセス数を多く稼いでくれたり誰かの役に立つブログは前者かもしれません。でも続かなければあなた自身にとって意味がありませんから、まず続けることにフォーカスして頻度の方を優先するほうが大事でしょう。何事も急がば回れです。

最後に

もしあなたが習慣が身につかない事が今まであったとしたら、それは実は頻度が問題だったのかもしれません。私もよく「始めたばかりだから週2くらいから始めよう」と思って沢山習慣化に失敗してきました。あの発想した時点で習慣化に失敗するのは決まっていたんですね。正しくは「始めたばかりだから一日の時間は少なくして頻度を高くしよう」だったわけです。

皆さんもまずはハードルを下げて頻度を増やす事。習慣を身に着けたい人は是非一度試してみてください。それではまた。

雑記カテゴリの最新記事