米津のニューシングル「馬と鹿」の紙ジャケット版買ったのでレビュー

歌・音楽
歌・音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。

CDとかDVDとかここ数年ずっと買った記憶がないんですが、久々に買っちゃいました。

米津玄師さんの「馬と鹿」のCDです。ちなみに普通のCDケースに入った通常のジャケット版と紙ジャケット版の2種類があり、私は紙ジャケ版を購入しました。

本屋で購入したのですが、普通のジャケット版が1000円くらいで、紙ジャケット版が1500円くらいでした。紙ジャケット版の方はDVDがついてる分少し高いです。

紙ジャケットの見た目はこんな感じ、なんか初回限定特典でリストバンドもついてきました。

パッケージ絵は馬のような鹿のような謎の生き物が描かれています。たしかにこれは馬と鹿ですね。

開いてみても馬と鹿

リストバンドには米津玄師のネームと

馬と鹿のロゴが入っていました。

腕に着けるとこんな感じ

さて中身のCDとDVDですが、CDは全部で3曲入っていてどれも良い曲なのですが、個人的には3曲目の「でしょましょ」が一番好きですね。まったりとした感じはとても私好みです。

DVDは米津玄師の2019年のライブ映像を編集したものが約18分と海の幽霊のMVが入っていました。正直これで1500円はかなりお得だと思います。ただ紙ジャケットは扱いに気を付けないといけないので、購入するときは普通のジャケットバージョンと悩みどころですね。個人的には紙ジャケにして大正解でした。

音楽はすっかりデジタルデータ派な私ですが、たまにはにCDを購入するのも悪くないなと思いました。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました