サンワのSATA-USB3.0変換ケーブル USB-CVIDE3レビュー!データ救出に使ってみた!

PC・周辺機器
PC・周辺機器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。今日は前回ブログでも話したこちらの商品のレビューをしたいと思います。

サンワサプライさんの「USB-CVIDE3」です。

SATA接続のHDDをUSB3.0に変換してPCと繋ぐことが出来るようになる商品ですね。

購入した経緯

普通の用途で使うなら、単純にデータ移行とかで重宝するものなんですが、わたしはデータ救出のために買いました。

というのも、以前使っていたOSの入ったHDDの動きが急激に重くなり、まともに動作しなくなった為、SSDに換装しました。

HDDはバックアップをとっておらず、大したデータも入ってなかったため放置してたんですが、やはり未練があり、ダメもとでHDDのデータを救出しようと試みました。

あくまで動きが遅くなっていただけのため、sataで繋ぎなおしても良かったんですが、PCケース取り出してsataケーブル繋ぎなおすのだるいなという事で今回の商品を買いました。

世の中には内蔵HDDを外付けHDD化する商品もあり、最初はそちらを検討していたのですが、そもそも壊れたHDDを外付け化しても全く意味ないし、ちょっと高いという事でそちらはスルーしました。

開封

中身はめちゃくちゃシンプルです。電源を取るACアダプターと、sataからUSBに変換するユニットが入ってます。あとは説明書も入ってましたが、ホームページでも電子説明書で使い方を確認できます。

壊れたHDDを接続してみた

接続はほんとに差し込むだけで、難しい事は何もないです。電源とPCに接続したら後はスイッチをオンするだけ。シンプルイズベスト。

電源コードの長さもそこそこあるので、少しくらいならコンセントが離れていても大丈夫です。

電源を入れるとランプが光るので分かりやすいです。無事にHDDも認識してくれました。

ただここからが鬼門。なんていったって壊れたHDDを繋ぐわけですから。HDDの項目をクリックすると読み込みが始まりだしました。

しかし5分経っても全然読み込みが終わらない!読み込んではいるようなんですけど、まったくHDDの中身が見れない。

「やっぱり厳しいか?」そう思いましたが、読み込み続けてはいるようなので、しばらく本を読みながら放置することに。その約20分後。

無事に読み込み成功!!

読み込みが完了し終わった後はさくさくと動作してくれて、取り出したかったデータもスムーズに今使っているSSDにコピーして移行出来ました。いやー良かった良かった。

証拠がてら無事救出できたお気に入りの画像を一枚紹介しておきます。

スマホで撮った写真を取り込んで、その後HDDに移動させたものです(この時のスマホは壊れた)。中々良くないですか?

やっぱり動作が重くなっただけで、完全に壊れたわけではなかったんですね。試してみるもんです。ということは面倒くさがらずにPCを取り出してSATA接続すれば、ちゃんとデータ救出は出来たっぽいですね。

まあデータ救出にしろ、バックアップにしろ、一度PCから外したHDDをPCに繋ぎなおすのってすごく面倒です。

なので自作PCをする人であれば、今回のような一度取り出したHDDをUSBでPCに繋げる商品は一つは持っておいた方が絶対いいと思います。使い方も簡単ですから。

最後に

今回はデータ救出のために使いましたが、本来はバックアップをとったり、データ移行をするために使うものですから、壊れたHDDからデータ救出できない場合は諦めましょう。

今回無事にデータ救出出来たのはHDDが動いてくれたからで、まったく動かないHDDに試しても意味はないですからね。そこは勘違いしないようにしてください。

それと今回は3.5インチHDDの為に買いましたが、同じSATA接続である2.5インチタイプやSSDにも使えます。

本来の用途としての使いやすさやコンパクトさは抜群で、自作PCを趣味にしている人は結構重宝する商品だと思うので、是非購入してみてはいかがでしょうか?それではまた。

個人的評価:星5つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました