社会保険でブラック会社に騙されやすい試用期間の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。

最近うちの職場に新人さんが入りました。人手不足だったのでとりあえず一安心です。

しかしちょっと気になることがありました。

同僚「試用期間は社会保険が適用されないって説明されたことあるなあ」

同僚「今回の新人もそうなるのかな?」

私「ん?ちょっと待ったそれはおかしい」

ちなみにうちの試用期間は3カ月です。しかし試用期間だから社会保険が適用されないは間違いなのです。要は会社が都合のいい嘘をついて、新人社員を騙そうとしているだけなのです。

試用期間でも社会保険は適用される

もちろん社会保険を適用する勤務日数や時間数は超えてないといけません。そしてそれを超えていた場合、試用期間だろうが会社は社会保険の加入義務が発生します。

入らなくていい条件を端的に言うと、2カ月以内で契約を切る事が明らかな場合のみ

継続的な雇用を元々見込んでいる場合、例え試用期間でも、労働者が社会保険の加入条件を満たしている場合は、会社側は加入させる義務があります。

つまりうちの会社は嘘を2個ついていることになります。

  • ひとつ、試用期間は保険を適用されないという嘘
  • ふたつ、期間を3カ月にすることで、社会保険に入らない期間を引き延ばそうとしている
  • みっつ、長期雇用を見越してる場合の試用期間は、最初の月から社会保険に入らないといけないのに黙っている

・・・3つやんけ!さて当然立派な違反行為ですから、ばれたら罰せられるわけですが、これが意外とバレないケースが多い。

何故ならそんなルールを知らない人が多いから、もしくは分かっていて泣き寝入りするケースもあるでしょう。

ブラック企業から自分を守る為の武器は知識だけ

まあ分かっていて泣き寝入りするのはその人の勝手ですが(よくはないが)、問題はそういった労働法などをそもそも知らない人たちです。

今回の社会保険に限らず、有給や残業の仕組み等、周りは教えてくれないです。何故なら周りも知らないから。ブラックな会社は都合の悪い事は黙ったままだし。

なので自分の身を守るには、知識がとても重要ということになります。一応今回入ってきた新人にはそのことを教えておきましたが、どうするかはその人次第ですね。

というかこんな現状じゃ、いつまで経っても良い世の中になるわけないですね。こういう話を聞くたびに、学校で労働の事について、もっと教育しておくべきなのではないのかと、常々思ってしまいます。

まとめ

ブラック企業に騙されない為には、知識による自衛がとても重要です。皆さんも機会があれば、労働法について、少しだけ学んでみてください。きっと近い将来役に立ちますよ。それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
ぐみんをフォローする
ぐみんブログちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました