格ゲー難しすぎる!鉄拳が難しい理由と鉄拳7に足りてるものと足りないもの

ゲーム

どうも鉄拳7を始めたぐみんです。

Steamで3段から皆伝辺りをウロウロしてます。鉄拳まじムズイ。てかSteamの鉄拳のレベル高杉君。

もともと格ゲーは苦手ですが、鉄拳7を始めてみて、改めて格ゲーは敷居が高いなと感じました。面白いと感じる前に、つまらない・難しいと感じて投げ出してしまう人が多いのもうなずけます。

それで思ったのですが、このゲーム圧倒的に足りてるものと足りてないものが存在するなと思いました。

鉄拳が難しい理由!そもそもチュートリアルがない

鉄拳に明らかに足りないもの、それは初心者に向けたチュートリアルです。これが圧倒的に不足しすぎています。初心者が赤子の状態でポンとゲームに放り出されますからね。平八に谷から突き落とされた一八の気持ちがよく解ります。説明書とかに基本操作は書いているのでしょうが、鉄拳というゲームを理解するのには基本操作書かれた紙(トリコレ)レベルだけじゃ正直全然足りないですね。チュートリアルがないゲームなら、その役は本来ストーリーモードが担う事が多いんですけど、まあ赤ちゃんがハイハイできるレベルくらいにしか役に立ちません。

紙に書かれていても、実際にキャラを動かしながらでないと覚えられない事が多いです。例えばステップや投げ抜け、受け身や起き上がりなんかがそれです。細かい解説とかは特にないので、実戦なら例えばダウンした時に、初心者がテンパってボタン連打して気づいたらやられていたなんて事がよく起きます。ダウン中なんて、仰向けかうつ伏せか、頭が相手の方向を向いているかいないかで、同じボタンを押しても微妙にモーションが変わるので、余計ややこしいんですよね。

チュートリアルがあれば、初心者がこういった事で戸惑う事も少なくなるし、投げ出すパターンも少しは減ると思うんですよね。他にも牽制技やステップ、ガードの仕様や投げなどの使いどころの具体例を合わせた解説とかも欲しいですね。

対戦ゲームの面白さって、対戦相手と読み合い・駆け引きをする事だと思うのですが、その駆け引きを成立させるまでに、格ゲーは覚える事がとんでもなく多いゲームジャンルの代表格です。

ボードゲーム風にいうなら、基本ルールを100個覚えた上で、自分のコマの動かし方を100個覚え、かつ相手のコマの動きもキャラごとに100個覚えないといけない。みたいな感じで、まあとにかくスタートラインに立つまでにやることが多いです。

まあ相手のコマの動きは全部覚えなくてもよいですが、それでもかなりの数を覚えておかなければ勝負にならない事も多いです。そんなゲームがチュートリアル全くなしなんだから、初心者バイバイなゲームと言われても仕方ない。そりゃ皆もっと覚える事がシンプルですぐに駆け引きが楽しめるゲームに流れるよねって話。

例えばBBTAGという格ゲーは、とても丁寧なチュートリアルが搭載されていて、全部こなせば初心者でもとりあえず最低限の駆け引きはすぐ出来るようになっているので、格ゲー初めての方にもおすすめできるゲームになってます。

エンタメが次から次へと溢れる今の時代、面白くても初心者を取り込めなければ廃れていってしまいますから、次回作ではそのあたりも工夫して鉄拳の面白さをより多くの人に伝えていって欲しいなと思いました。

そういえばポっ拳はちゃんとチュートリアルあるんだから、チュートリアルの重要性はバンナムもちゃんと分かってると思うんですけどね。硬派ゲーム気取って敢えて実装してないとか?

鉄拳にはキャラ名表示が足りない

あとは単純にキャラが多いですよね。

まあ鉄拳はこれでもまだ少ない部類とはいえ、対策しないといけない項目は2D格ゲーより多いので、1キャラ対策するだけでも大変なわけです。昔なら1列でキャラ表示が済んでたのが、今は3列とか4列当たり前ですからね。

過去作からずっとやってきた人なら、過去キャラに追加される新技数個と、新しく追加される数キャラだけなのでまだいいですが、新規勢は全キャラ最初から覚えないといけないので、シリーズを重ねれば重ねるほど、新規の負担とハードルが高くなっていきます。やっぱりゲーム内で、キャラごとのチュートリアルや解説も欲しいものです。

あとオンライン対戦中にキャラ名が出ないので、連戦中に対策とりたくてもキャラ名が分からず、スマホでキャラ対策ページをすぐに調べられないとか結構起きるんですよねこのゲーム。対戦画面にキャラ名表示を追加してくれたり、「YOU WIN」とかじゃなくて、「キャラクター名 WIN」ってちゃんと表示して欲しいですよね。

キャラ対策以前の問題として、まずキャラ名を把握する所から始めないといけないのも結構ハードルが高いと感じるポイントですね。

プラクティスとリプレイは文句のつけようなし

で、逆に鉄拳に足りてると思うものは、トレーニングモード(プラクティス)やリプレイ機能です。これがレベル高すぎる。DLCではあるのですが(クソ安い)、技のフレームや硬直時間がトレモで見れるのはほんとにすごい。他にも機能充実しすぎていて、もはやトレーニングモードのチュートリアルがいるだろってレベル。トレーニングモードの機能の充実っぷりは、他の対戦ゲームも見習ってほしいものです。とくにスマブラとかスマブラとかスマブラとか。

あっ、でもコマンド表に攻撃の上中下の順番や、投げ技マークとかは表示して欲しいかな。可能なら投げ抜けの対応ボタンも。技対策するときに、技名知らないと探したりする時とても困るので。

次にリプレイ機能。これの何がすごいって、敵の技をガードした時に確定反撃の技があれば教えてくれる機能があることです。これのおかげで相手の技にどういった反撃をすればいいのかがすぐに分かって、対戦キャラへの対策が取りやすくなってます。それと細かい巻き戻し早送りの機能などもあるので、同じシーンを何度も繰り返して検証したりなんて事が出来ます。普通のリプレイ機能だと細かい巻き戻しなんて出来なくて、一から再生しなおしだったりするのでほんとに便利。

まとめ

といった感じで今の鉄拳って経験者目線で見ると機能の充実っぷりがすごくて、初心者目線で見ると、足りないものが多すぎるゲームだなと思いました。

あとはもうちょっと一人用モードを面白くしてほしいなって感じですね。まずストーリーモードのシナリオは本当につまらなかったです。それとストーリーモードの難易度を一番下に設定すると、強制的に簡単コンボ機能がオンになり、コンボは短いものしか出せなくなって鉄拳らしい爽快感がなくなるし、立ち回りに大きな制限が追加され、何故かメインストーリーでは投げが使えなくなって逆に難易度上がったり、一番低い難易度を選んだはずなのに、単純に敵が妙に強すぎたりと、新規や初心者に向けたゲームレベルのデザインがかなり微妙な印象を受けました。

あとはもうちょっとグラフィック落としていいからロード時間の長さはなんとかして欲しい。Steam版はPS4版と比べてマシらしいですけどね。それでも長いものは長いよ。対戦前のロードはもちろんの事、トレモでステージギミックリセットする時も地味に長くてストレスかかるんですよね。

といった感じで今の鉄拳に私が感じている事でした。それではまた。

バンダイナムコエンターテインメント

※コメントは記事公開から2週間の間のみ受け付けています