ダンスラであの神曲Crazy Shuffleがいつでも解禁可能に!

     最終更新日:
  • 2019.04.01
  • ゲーム
ダンスラであの神曲Crazy Shuffleがいつでも解禁可能に!

てえへんでぇてえへんでぇ!令和とか言ってる場合じゃねえ!これはダンスラッシュ界の大事件だ!

どうもぐみんです。4月1日は新元号の発表ということで、あらゆるところがお祭り騒ぎになってますね。テレビをつけると、元号の特集ばっかで子供はつまらなかったんじゃないでしょうか。そんなめでたい日にダンスラッシュ界にあるニュースが飛び込んできました。

「あのCrazy Shuffleがいつでもアンロック可能」

あくまでダンスラ界に限りますが、このニュースにダンスラ民は大盛り上がりしました。もちろん僕もその盛り上がった一人。今日はそんなプチ騒ぎをもたらした神曲「Crazy Shuffle」について語っていこうと思います

Crazy Shuffleとは

楽しく誰でもシャッフルダンスが踊れるアーケードゲーム、ダンスラッシュスターダム(ダンスラ)が去年の3月23日より稼働を開始。かつて世間を賑わせたダンレボ(DDR)のように、足だけで誰でも簡単に遊べる新しいダンスゲームに、多くのダンスゲーマーが魅了されました。そんなダンスラが稼働して2カ月半、ある曲がダンスラ界に舞い降りて来ました。

それが神曲「Crazy Shuffle」です。ともかくまず聞いてみてください。

神曲かつ神譜面。かっこよくノリノリで踊れるその曲に、多くのダンスラ民が魅了され、多くの民が「Crazy Shuffle」を求め、ゲーセンに走りました。しかし、私達を待ち受けていたのは神曲ではありませんでした。

遊べるようになるまでの難易度が高い

ダンスラ民を待っていたのは神曲「Crazy Shuffle」ではありませんでした。なんとこの曲はイベント解禁専用曲だったのです。イベント期間中に条件を満たすと、イベント曲が遊べるようになる音ゲーあるあるの楽曲解禁システムであり、その条件のハードルの高さが当時話題になりました。

1プレーで1スタンプ、スタンプ合計9個で解禁

まずこのイベントの条件ですが、ダンスラをプレイすると1プレイごとにスタンプ1個がもらえ、それが合計9ポイントになるとイベントの楽曲が解禁される仕組みになっています。しかし同日に連続でプレイした場合、2プレイ目はスタンプがつきません。3プレイ目4プレイ目はスタンプがもらえます。5プレイ目以降はその日はもうスタンプをもらえなくなります。次の日になるとまた1プレイ目と3、4プレイ目にスタンプが貰える仕組みです。スタンプ集めだけを考慮すると、2プレイ目は実質無駄になります。

最低でも3日かかる

2プレイ目はスタンプをもらえない為、少しでも安くスタンプを集めるなら1日1プレイにする必要があります。しかしそれだと、どうしても9日はかかってしまいますね。当然そんなにゲーセンに通える人は多くない為、2プレイ目が無駄になると分かっていても、最短で楽曲解禁を目指す人がほとんどでしょう。まあその場合でも最低3日はかかるんですけどね。これが解禁のハードルの高さの一番の理由でもあります。

解禁には実質12回のプレーが必須だった

というわけでこの曲を遊べるようになるまでに必要なプレイ回数が実質12回になります。1プレーの最低金額が100円ですから、最低でも1200円かかります。12回のプレイが必要ってちょっと多く感じますよね。ちなみにモードによって1プレーの料金が120円や200円だったりしますが、200円だから2プレイ分とはなりません。あくまで1プレイは1プレイ。なので他のモードも遊ぶ人は、解禁までもう少しプレイ料金がかかることになります。

まあ音ゲーマーにとって12回のプレーはあっと言う間なのですが、ダンスラは体力を大きく消耗するダンスゲームです。とてもじゃないですが、そんなにポンポン連続プレイできるものでもありません。やはり実質最低12回という条件も何気にきついと思います。

そもそもダンスラッシュ設置店舗が少ない

今の時代ゲーセンの需要って少ないですよね。生き残っているのは大型のアミューズメント施設くらいのもので、地元のゲーセンはどんどん潰れて行ってます。そんな中高価な筐体代に加え、広い設置スペースの確保がダンスラには必要になります。

なんかそれっぽい事言おうとしてますが、単純な話ダンスラッシュを設置しているお店ってめっちゃ少ないんです。もちろん都心ならそこそこあるでしょう。問題は地方のゲームセンターにどれくらい設置店舗があるかってことです。

ちなみに参考までに私が住んでいる愛媛県で設置されている店舗を検索するとわずか3店舗。しかもその設置店舗全ての地域が県庁所在地の松山市のみというありさま(実はこれでもまだましな方だったり)。

そう、もうお気づきでしょう。もし住んでいるところが設置店舗から遠すぎた場合、何時間もかけて、しかも最低3日も設置店舗に足を運ばなければならないのです。

田舎民にはまずアンロック不可能な短すぎるイベント開催期間

じゃあ頑張って通えばいいじゃんって思われるかもしれませんが、そうは問屋が卸しません。このイベント期間なんとたった1か月。それを過ぎると解禁するチャンスはなくなります。つまり田舎民は片道数時間かかる場所から、曲解禁の為に1か月以内に3日に分けて通わなければならないってことです。

一応深夜に設置店舗でプレー。近くのネカフェなどに泊まる。次の日朝からプレーをすることで2日分の確保はできますが、それでも2日。あと1日足りません。というか実際田舎民の僕も仕事やプライベート、交通費などの関係で頑張っても1カ月1回がせいぜいでした。

まあ私なら無理を通してでも無理やり解禁するために片道2時間も乗り越えたかもしれませんが・・・それは物理的にかないませんでした。

イベント終了後にダンスラを始めた人にはチャンスすらなかった

そもそもイベント終了後にダンスラを知って始めた人には解禁のチャンスすら与えられません。なので片道2時間上等だろうがイベント期間外なら関係なし。この曲を知っても遊ぶことは不可能だったわけです。なんという生殺し。かくいうわたしも、ダンスラを始めたのはこのイベントが終わってからでした。無念。

4月3日10時より解禁可能に!必要な星の数は?

そんな一部のダンスラ民に波乱を巻き起こした「Crazy Shuffle」も約10カ月の時を経て誰でも遊べるようになるわけです。必要な星の数は150個。割引はできません。

結構多めの星が必要なのは残念ですが、イベント開催期間を気にせず楽曲が遊べるようになるわけですから、今まで遊べず我慢してきた時間を考えたら些細な事でしょう。星を集める場合はプレミアムモード(200円)でプレイすれば、一度に最大星を30個貰うことができるので活用しましょう。


プレミアムモードは1曲しか遊べないが一気に星を獲得できるので効率がいい

みなさんもこの機会に是非、神曲「Crazy Shuffle」を遊んでみましょう。それではまた。