ニンテンドースイッチの新型の予想をしてみる

     最終更新日:
  • 2019.04.06
  • ゲーム
NO IMAGE

どうもニンテンドースイッチに惚れてる男、ぐみんです。

今日は最近話題になったニンテンドースイッチの新型を個人的に予想してみたいなって思います。まあずっと頭の中にありはしたんですけど、ずばり新型が出るとしたら

スイッチしないニンテンドースイッチ!なんじゃないかって思ってます。

スイッチはモードを大きくふたつに分ける事ができます。ドックにおいてテレビで遊ぶ据え置きモード。ドックから取り外して遊ぶ携帯モードのこのふたつ。ひとつでふたつの役割を果たしていたため、人気が出たといっても過言ではないでしょう。

しかしあくまで「ゲームは据え置きだけでいい」「ゲームは携帯性のみが重要」という片方だけでいいという需要は満たせていませんでした。そういったニーズに合わせたスイッチしないスイッチを任天堂は出してくるんじゃないでしょうか。

それってコンセプト崩壊してないか?と思っちゃうかもしれませんが、今のタイミングでやるのは全然不自然ではないと思ってます。例えば任天堂が据え置き専用ゲーム機と携帯専用ゲーム機を別で出したとして、流行った可能性はあったでしょうか?おそらく据え置きの方は流行らなかったと思います。携帯機だけ人気が出る形になったんじゃないでしょうか。

そうならない為に、据え置きかつ携帯もできるゲーム機として売ることで、据え置き携帯両方欲しいって人を囲い込んでから、携帯と据え置きそれぞれ特化したゲーム機を出すことで、片方だけのニーズも囲い込む作戦だったとしたら何も不思議じゃないでしょう。自分もニンテンドースイッチを持っていますが、携帯に特化したニンテンドースイッチは欲しいなと思っていて、そういった需要も満たす意味でもスイッチしないスイッチはあってもいいのではないでしょうか?

据え置きに特化したスイッチ予想

ニンテンドースイッチがスイッチする必要がなくなれば、同じコストでもモードの切り替えにあてるコスト分、スペックアップに回すことが可能になります。例えば廃熱問題を気にしなくてよくなったり、バッテリーを搭載する必要がなくなったりするわけです。そうなれば今までフレームレートが落ちていた重いシーンでも60fpsを実現することが可能になったり、今までFHDで遊べなかったソフトがFHDで遊べるようになったりする可能性があります。new3DSでゼノブレイドが発売されたように、据え置きスイッチ専用のソフトが発売されたりするかもしれません。まああったとしてもnew3DSみたいに数本になりそうな予感はしますが。

その他もスペックアップにも期待したいですね。例えば任天堂ハードは内蔵メモリが毎回少ないですが、今回は128GBぐらいは入れてくるかもしれませんし、ジョイコンは本体に接続する必要がなくなるため、大型化して握りやすくなったり、ボタンが押しやすくなったりするかもしれません。Wiiリモコンぷらすみたいに、ジャイロセンサーもより正確になるかもしれませんね。

携帯モードに特化したスイッチ予想

携帯に特化させるならまず小型化は重要ですね。解像度は現行スイッチの携帯モードと同じHD画質が望ましいですね。HD解像度のまま小型化すればより映像がキレイに見えますし。

それとジョイコンの取り外し機能ですが、これは機能としては省かれて一体型になるんじゃないでしょうか、そうしないと携帯モードに特化したとは言えないですし、ジョイント部があると小型化が難しいですからね。コストカット的な意味でも一体型になるでしょう。

当然ドックにつないでテレビに映すなんて事はできないんじゃないでしょうか。そういう人は現行のスイッチか、据え置き専用スイッチで遊んでもらえばいいわけですから。ドックに接続する必要がないため、充電用のUSB Type-Cは本体の下から上に移動して充電しながら遊びやすくなる可能性もありそうですね。

据え置きはともかくこちらは是非実現して欲しいものです。

まとめ

といった感じで新型ニンテンドースイッチの予想というか妄想でした。早いもので今年ももう4月。もし新型ニンテンドースイッチの噂が本当なら、6月の世界最大のゲームショウE3の時にお披露目されるんじゃないでしょうか。もちろん何もない可能性の方が高いですが、もしあったら是非携帯に特化したニンテンドースイッチは手に入れたいものです。

それではまた。

ゲームカテゴリの最新記事