スマブラなどのゲーム配信に使えるパススルー付きディスプレイRL2460Sがアマゾンで購入可能に

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです

今日は自分が気になっているディスプレイの紹介をしたいと思います。

BENQから去年の12月26日発売された「RL2460S」です。当初はドスパラのみでの取り扱いでした。ドスパラで買い物することはないので諦めていたのですが、気付いたらアマゾンでも取り扱いを開始していました。個人的にいま一番気になっているディスプレイです。

パススルー付きゲーミングディスプレイ

この商品の大きな特徴はなんといってもパススルー付きディスプレイということ、パススルーは入力された映像・音声を遅延なく他の機器に映すことができる機能です。

最近はやりのゲーム配信をするならこのパススルー機能は欠かせません。ゲーム配信をする場合、キャプチャーボードというものが必要なのですが、これを介してゲームをすると遅延がひどく、ゲームが成り立ちません。なので遅延のない映像環境をつくるためにパススルー機能を使うのです。

PS4やニンテンドースイッチでのプレイに適したスペック

またパススルー以外のスペックがゲーム配信にも適したスペックになっています。解像度が1920*1080のフルHDにフレームレートは60fpsとなっており、PS4やニンテンドースイッチでゲームをするなら丁度いいスペックになっています。

応答速度はゲームモード仕様で1msで対戦ゲームをするのにも適しています。ふつうのテレビなどの場合この応答速度が遅すぎる為、オンラインでの対戦ゲームで不利になりやすい為、応答速度の速いディスプレイが好まれやすいです。

また画面のちらつきを抑えるフリッカーフリーやブルーライト軽減モードもあり、目にも優しい仕様にもなっています。正直お金に余裕があれば自分で買ってレビューしてみたいのですが、しばらく余裕がないので見送りです。

ちなみにPC用ゲーミングディスプレイにありがちな4KやWQHDといった高解像度、120・144fpsなどの高フレームレートはニンテンドースイッチやPS4のゲーム配信用には必要ないです。解像度は最大フルHD(PS4は4Kでも可ですがメリットは薄い)でフレームレートも最大60fpsでした動かない為です。しかも高価ですしね。

まとめ

これからゲーム配信をしようと思っている人やオンラインでゲーム対戦をしたい人が初めて買うのに特におすすめのディスプレイだと思います。

ゲーム配信には興味ないという方でも、オンライン対戦ゲームをやるならゲーミングディスプレイは買った方がいいです。それくらいディスプレイ選びは重要ですから。ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました