スイッチ版パワプロ2020レビュー!去年なんか比べ物にならない最高の出来!

Nintendo Switch
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。

今日は7月9日に発売された「e BASEBALL パワプロ2020」のレビューをしていきたいと思います。ちなみに購入したのはニンテンドースイッチのダウンロード版です。去年のパワプロも買ってレビューしてるので、それと比較しながら感想を書いていきたいと思います。

去年のスイッチ版パワプロ(2019年発売)は正直ダメ

去年のスイッチ版パワプロのレビューを簡単にまとめると、「中身スカスカの残念な出来」という感じでした。

モードは過去作より圧倒的に少なく、収録されているサクセスなどもボリューム不足、そのうえ粗末なバグも目立ち、UIの悪さも目立つと、私から見ると散々な出来でした。

任天堂ハードで久々のパワプロで期待して買った自分が馬鹿らしくなるレベルでしたね。新規勢はそういうのは気づかないだろうから楽しめるでしょうけど、とてもじゃないが私にはおすすめ出来ない作品でした。気になる方はそちらのレビューもご覧ください。

ニンテンドースイッチ版パワプロ買ったので感想とか:ゲームレビュー

今年のパワプロ2020は文句なしの出来!

と去年のパワプロにはものすごくガッカリしたのですが、今作はそんな気持ちを吹き飛ばしてくれるほど楽しめています。やっぱりパワプロはナンバリングシリーズに限りますね。

とはいえ最近のパワプロはナンバリングシリーズでもいい噂はあまり聞きませんでしたけどね。2018とか発売当初はめっちゃ叩かれていた印象ありましたし。まあ自分はPS4持ってないので最近のパワプロナンバリングシリーズはやった事ないんですけど。でも今作はシリーズ史上最高傑作もある神ゲーなのでは?と私は感じています。

というわけで基本的には2019年に発売されたスイッチ版パワプロとの比較がメインになります。過去のナンバリングで既に実装されてるよとか言われても知らないので悪しからず。

スイッチ版とPS4版の違い

スイッチ版とPS4版の違いについて少し語っておこうと思います。スイッチ版とPS版は一部モードの収録が違います。PS4にはVRモードが存在します。とはいえこれはPSVRないと使えないですし、あってもなくても良いモードかなと思います。モードより重要な違いがあるとすれば画質とかでしょう。

画質を選ぶか手軽さを選ぶか

やはり画質はPS4の方が良いです。同じフィールドで同じキャラが動いていますが、質感が全然違うんですよね。私はあまりそういう質感には興味ないのですが、こだわりがある人はPS4版も考慮したほうが良いでしょう。

ただスイッチ版は携帯機としても遊べるので、手軽に遊べるのがかなりポイント高いです。スイッチとパワプロの相性は抜群と言えるでしょう。ジョイコンで遊ぶ場合はカーソルが合わせにくいのが難があるので試合をガチで遊ぶのには向かないですけどね。プロコン推奨。

しかし人気の高い「栄冠ナイン」というモードは難しい操作はいらず、選択肢を選ぶだけでいいので、携帯モードでも問題なく遊ぶことが出来ます。どこでもパワプロを遊べる、これはスイッチ版にしかないメリットと言えるでしょう。

ロードや処理時間にも違いが

画質の違いが気にならない自分でも、ハードの性能差で気になる部分はあります。それが処理速度の問題です。

試合のロードとかの差は全然気にならないんですが、問題はマイライフやペナントでの日程送りです。これがスイッチ版はPS4版より明らかにテンポが悪い。マイライフの日程送りに関しては去年のスイッチ版パワプロでも言及してて、あれよりはめちゃくちゃ改善されてるんですが、マイライフガチ勢とかの方ならちょっと待ってくれって感じになるかもしれません。

比較動画はこんな感じになってます。最初の日程送りがスイッチ版パワプロ2020で、後半が2019年に発売されたスイッチ版パワプロの日程送りです。明らかな違いがありますね。ほんと改善されて良かった。

パワプロ2020になって全然許容範囲になりましたが、PS4はカクツクこともなくヌルヌル日程を送ってくれます。

ペナントもスイッチ版パワプロ2020では日程一日送る間に、PS4では3日くらいは余裕で日程を送っていました。

全部はちゃんと比較してないですが、サクセスや他のモードではそこまで大きな差があるわけではない感じですね。

私はペナントは興味ないので問題なかったのですが、ペナントが好きな方とかはスイッチ版の購入は注意したほうが良いです。

参考になる動画を見つけたので、こちらで確認してみてください。

手軽さをとるか、処理速度を取るか、自分に合ってるのはどっちかよく考えて購入しましょう。

モードごとの感想

ではハードによる違いに触れたところで、パワプロ2020の良かったモードなどについて語っていきたいと思います。全部は書かないので悪しからず。

サクセス

面白い。全体的にテンポが良いです。ストーリーも上手くまとまっていて良かったです。新要素も取り入れつつもゲームバランスは損ねず、変な操作の手間もないので気軽に楽しむ事が出来ました。

一部キャラボイスも入ってるので、キャラに感情移入しやすくなってますね(ボイスのオンオフ設定可能)。重要なイベントではフルボイスでしゃべってくれるので、彼女候補からの告白イベントはドキドキ。やっぱりパワプロは、野球もできる恋愛ゲームだった。

さらにイベントの回想モードでは、一度見たイベントはいつでも見られます。こっちの選択肢を選んでたらどんな会話になったんだろうとかすぐ見られるようになっているのは嬉しいですね。

キャラごとのイベントとエピローグをコンプするとおまけイベントが見られるので、イベント回収にも力が入ります。

栄冠ナイン

過去作やったことないけど、高校野球の監督になって甲子園を目指す、人気のあるモードだという事は知っていて、初めてプレイしましたが、とても面白かったです。そして過去作はやったことないけど、過去最高に面白い出来になっていると思います。

特に新要素のスカウト機能が良かったですね。これのおかげで大会のない時期のプレイも楽しく遊べるようになっています。

新入生をスカウト出来るようになったことで、次の始業式まで「スカウトした選手は来てくれるだろうか?」とか「スカウトした選手は一体どんな能力だろう」とワクワク感を得られ、公式大会が終わった後の練習中の作業感が軽減されている感じがします。

 

それとゲーム進行には直接関係ないですが、スクラップブックという機能が追加されており、試合結果などを新聞の切り抜きのようにまとめてくれるのが結構面白いです。

昔は弱小校で小さい見出しでしか見れなかったのが、数年後には大きな見出しで優勝などを取り上げてくれたりします。これが結構嬉しくてモチベ上がります。とても地味な機能ですが、昔はこんなに弱かったんだーってたまに振り返って想いを馳せる事が出来たりするのが、ほんとに楽しくて良い機能だと思いました。

そしてスイッチ版では栄冠ナインを好きな場所でプレイできるので相性抜群です。

ちなみにスイッチのボタン割り当て機能を使えばジョイコン一本で縦持ちプレイする事も可能です。これが結構手軽に遊べるので、長時間プレイするならおすすめです。

マイライフ、ペナント

基本的には過去作と大きな違いはないですね。多少の追加要素はあれど、大筋はいつもどおりのマイライフって感じです。大筋は変わらない分、細かい追加要素のおかげで遊びやすくなったり、面白さが増してるって感じですね。

スイッチ版は日程送りがPS4版より遅いのでそこが大きなネックでしょう。マイライフは一応許容範囲で、今回は私も遊んでみようかなって感じになりましたが、ペナントの日程送りはめちゃくちゃ差があります。注意してください。

オプション

細かな設定を色々変える事が出来ます。スイッチ版の前作では賛否あった「カキーン」などのエフェクトのオンオフ等も切り替えられるようになりました。良かった良かった。

総評:パワプロファンはDL版を買っても損なしの出来!

というわけで、今作は文句なく面白いと評価させていただきます。全体を見ると大きな変化があるわけではないです(スポーツゲームで急に別ゲーになってたら怖いけど)。しかしだからこそ、細かな点がブラッシュアップされており、全体的に丁寧な作りで、パワプロ史上最高傑作になってるのではないかと思います。

パワプロ2020制作スタッフにほんと感謝です。去年のスイッチ版パワプロやパワプロ2018でガッカリした人は、俺たちの求めてたパワプロが帰ってきたって感じられるのではないでしょうか。

私的にはDL版買っても損ない出来になっていると言っていいと思いますよ。というか買って良かった。パワプロ2020超おすすめです。是非遊んで見て下さい。それではまた。

個人的評価(5段階):5点満点

コナミデジタルエンタテインメント
コナミデジタルエンタテインメント

コメント

  1. 【共通】 
    CPUの打撃は弱くても打ちやすく最高でもゴロやフライが多い。奪三振はかなり厳しくなっている。マイライフやサクセスにも影響が出る。
    【パワフェス】
    チームメイトの野手が勝利した耽美に強化するところは良い点だが、サクセスの選手がレベルの不足が原因で能力値が低く、スタメン落ちが殆ど。相変わらず3点取ればスキップする為、隠しチーム自体取りづらくなるところや、サクセスの選手の能力値が低すぎてラスボスとは相手になれないくらい無能。
    【サクセス】 
    最高評価。作りやすくなっているところが良い。天才入部届け出は確実にダイジョーブ博士が登場するようになり、能力ダウンせずに天才選手になるところも良い。提供国際はまじで作りやすかった。
    【ペナント】
    神要素与えた代わりにバグが多発している。チーム記録の誤字、現役なのに引退表示、ドラフト一覧で殿堂入りした選手を閲覧するとエラー発生する、レベル5でもオーペナを回せば打高投低になってしまう等、崩壊レベルに達している。
    【マイライフ】
    彼女ファイルにより攻略が楽になったところや、特殊能力ファイルで成績に応じて習得することが出来たりと現実味が近づいたようなモードに進化している。しかし上記の通り投手の場合は難易度が高く、三振が取りにくくなった事が痛い。
    【栄冠ナイン】
    打高気味になったが、投手能力が低く打たれまくりで今作も改善に至ってない。新入生スカウトでも入手方法が勝利した数に応じたショップで買うことしか出来ず残念な点が大きい(パワショップでは購入不可能)。投手能力が低すぎた原因で高い能力の投手を狙うことも多い。

    • ペナントの引退表示などの一部のバグはアップデートで対応したようです。v1.4.0

  2. 2020をペナントの早送りの速さ次第で購入しようと悩んでましたがこのブログで知れて良かったです。
    ハードは持っていますがps4で買うつもりは無いのでSwitchに絞っていましたがかなり早送りが遅いと感じたので今作は買うのは辞めておきます。
    助かりました。

    • オーペナなどペナントをメインで遊ぶ人にとって、日程送りのスピードはとっても大事な部分ですよね。

      お役に立てたようで良かったです。