【レビュー】DELL New Inspiron 15 5000 6万円台で理想のノートPC

PC・周辺機器
PC・周辺機器

デル株式会社

どうもぐみんです。今日はDELL(デル)のノートパソコン New Inspiron 15 5000シリーズの5505モデルをレビューしようと思います。Inspiron 15の新しいモデルですね。

結論から言うと、間違いなくお勧めできる6万円台で買える、理想的なノートパソコンでした。スペックも高く、コスパ重視の人にも満足できる製品だと思います。

購入の経緯

まずは購入した理由について軽く。

夏も暑くなってきて、自分の部屋でのブログ作業がしんどくなったので、エアコンの効いたリビングで使えるブログ用のノートパソコンが欲しいなと思っていました。

一応ブログ用にノートパソコンは以前買っていたのですが、3万円程度の安物で母にあげてしまっていたので、自分用のを改めて購入する必要がありました。

で、前回と同じものをもう一台買っても芸がないので、今回はちょっと上のグレードの高性能モデルを買ってみようとなったわけです。

ちなみに3万円程度のノートパソコンだと、ブログ作業のブラウザだけでもかくつきます。別にブログ作業的には文字を打ち込むだけなので問題はないんですけどね。低スペックな代わりにファンレスで静かに使うことが出来たのでメリットもありましたし。

ただ今回はブラウザでの作業でカクつかない。少し重めの作業もサクサクこなせ、かつコスパも高いノートPCを購入することにしました。

ただ、予算6万円台程度で、なかなか自分にとって理想的なスペック・デザイン・金額のバランスが見つからず、手をこまねいていたのですが、7月頭くらいにDELLから発表されていたInspironシリーズのnewモデルが、自分が求めていた理想的な一台だったので、奮発して購入しちゃいました。

New Inspiron 15 5000ノートパソコン(2020年6月30日発売)

本体価格だけだと、クーポン適用(クーポンは誰でも使える)で6万切りとなってましたが、消費税込みで実質6万5000円くらいで購入しました。それでも私の要望をほぼ全て満たした上でこの値段なので、かなり安い。買うタイミングではもっと安くなることもあるので、一度ショップをチェックしてみると良いかもしれません。

New Inspiron15 5000(5505)のスペックと決め手となった理由

では実際に購入したノートパソコンのスペックを見てみましょう。選んだ理由についても触れます。

今回購入したinspiron15 5000(5505) プレミアム の基本スペック

  • 液晶 15インチ 広視野角(非光沢)
  • 解像度 フルHD(1920x1080)
  • CPU Ryzen 5 4500U
  • GPU 内臓グラフィックス
  • メモリ 8GB(1スロット増設可能)
  • ストレージ NVMe SSD256GB(1スロット増設可能)

※Inspironは同じ名前でも複数のスペックが存在するので、購入するときは間違わないように注意してくださいね。今回購入したのはNew Inspiron 5000(5505)の、「New Inspiron 15 5000 プレミアム」です。Office付きや、CPU がRyzen 4700UかつSSD大容量モデルも存在します。

 

CPUはRyzenの第3世代モデルの最新CPU、Ryzen 5 4500Uです。PassMarkでのCPUスコアは約11000ほど。3万円台のノートパソコンと比較すると、CPUスコアは大体1500~3000くらいが主流なので、価格差2倍程で、だいたい3倍から7倍くらいの性能差がありますね。

ちなみにCPUスコアだけで言えば、私が約6年前に購入した今でも現役で使っているインテルのcore i7のデスクトップCPUのスコアを超えてます。技術の進歩ってスゲー。

ただゲーム用GPUは積んでないので、3Dをグリグリ動かすゲームは無理ですね。軽い3Dモデルを使ったゲームや2Dアドベンチャーなら余裕で動くと思います(P4G動作確認済み)。

そしてメモリの容量は8GBで必要充分。ストレージは256GBとちょっと少ないですが、SSDで高速で動きます。ちなみにノートパソコンのストレージはSSDのみのモデルを強くおすすめします。HDDは読み込み音がうるさく、衝撃にも弱いという弱点があるので、ノートPCに向きません。容量は少なくてもSSDにしましょう。テレワークで使う分には256GBもあれば、とりあえず充分なはずです。

万が一メモリやストレージの容量に不満が出てきた場合も、New Inspiron 15は、メモリとストレージをそれぞれ一個ずつ増設できます。

ノートパソコンって、メモリやSSDが増設ができないモデルとかもあったりして、色々面倒なんですよね。厳密にいえば知識と技術があれば、ごり押しでスペックアップも可能な場合もありますが、それするくらいなら最初からいいモデル買えってなりますからね。

このノートパソコンには、メモリとストレージそれぞれ増設スペースが一個ずつありますから、後々スペックに不満が出たら、8GBのメモリを追加して16GBのデュアルチャネルにしたり、500GBなどの大容量SSDを追加して、簡単にスペックアップすることが出来ます(分解したら保障が切れるかもなのには注意)。

その他のスペック

基本スペック以外で決め手になった部分も紹介します。

テンキー搭載

私は数字を打ち込むときはほぼ必ずテンキーを使うので、テンキー搭載は必須でした。あるのとないのとでは作業効率が全然変わってくるんですよね。実際すごく便利。14インチモデルだと一回り小さくなるのでテンキーはついてないようです。

リフトヒンジ

最近のノートパソコンでは流行りになりつつあるリフトアップヒンジ。これはノートパソコンを開いた時に本体下部が持ち上げられて、キーボードに軽い傾斜がつくものです。これのおかげでキーボードによる文字入力がしやすくなるのだとか。

一度試してみたかったんですよねコレ。いうほど浮かないのでそんなに打ちやすくなった印象はないですが、地味に奥側のキーは押しやすくなっている感じはありますね。

底上げしてるキーボード部分がたわんだりするのでは?と思いましたが、そんなことはなく安定感がありました。まあ私のタッチが結構軽めな方だからでしょうね。強く打ち込めば多少沈みますね。

Type-Cポートを1個、USB Type-Aを2個搭載

これからの時代やはりType-Cポートは積んでないと駄目ですね。ただ逆にMacのノートパソコンみたいにType-Cだけでもダメなんですよね。主流なType-Aポートもしっかり2つ搭載されているのが嬉しい所です。

USB Power Delivery対応

ノートパソコンにType-Cの恩恵を最大限に受けるという意味ではUSB PD(パワーデリバリー)対応かどうかも欠かせません。PDに対応した充電器やケーブルがあれば、ノートパソコンがType-C端子を使って充電できちゃうんです。もう専用のACアダプタはいらない時代です。専用のACコードが不要になれば、コード管理周りの快適さがグッとアップします。

実はこれも体験してみたくて購入したところがあります。もちろんACアダプタでの充電も可能です。PDに対応したUSB製品はついてこないので、そこは自分で購入する必要があります。もちろん普通のACアダプタはちゃんと付属してるので安心してください。

ちなみにPDには出力に違いがあって、30WのPD対応充電器では充電できないので注意してください。私は45WのPDに対応したACアダプタを購入し、無事ノートパソコンが充電できたのを確認してます。PD対応ACを買うときは、45W以上のものを買いましょう。

専用のACアダプタが必要なくなるのはとても快適なので、PD対応充電器とケーブルを、別途購入するのも悪くないと思います。

参考までに、今回買ったノートPC、New Inspiron 15が充電できた製品を載せておきます。こちらの記事でも、レビューや軽い解説もしてるので、そちらも良かったら見て下さい。

ノートPCも充電できるAnkerのPD対応ACアダプタをレビュー

 

指紋認証(オプション)

指紋認証をオプションで追加することが出来ます。これもどんなものなのか気になってました。最近セキュリティのためにピンコードを入力するのを面倒だと思っていたので、指紋認証があれば一発でロックを解除できるのでは?と思いつけてみました。

千円ちょっとで追加できるので、追加して損はないと思います。実際認証もとても速くて便利でした。指紋認証のコツとしては、指の先ではなく、指の腹を当てるとうまくいくので、反応が悪い人は指紋の登録をやりなおしてみてください。

DVDドライブ非搭載

DVDドライブが搭載されてないことも私にとっては重要でした。なんでもあればいいってもんじゃないですからね。DVDドライブがあると、無駄にスペースとって本体大きくなるし、故障率あがるし、コストあがるしでいいことなんか一個もない。これ付けない分安くしたり、他にコストまわして欲しい派なのです。

そもそも昔のように、CDやDVDでデータのやり取りをする時代でもなくなりましたからね。データのやりとりなんて今はUSBメモリや通信が主流だし、どうしても必要になったら、外付けDVDドライブを用意した方がいいと思います。

本体の外観チェック

ではさっそく本体を見ていきたいと思います。まずは上面から。

ちょっと色々使ってたので汚れがついてますが気にしないでください。あ、カラーは2種類あって今回はリバーロックという色を選択してます。公式HPだとあまりこの色の写真がなかったので、色で悩んでいる人の参考になると幸いです。

写真だとわかりにくいですが、意外と光沢感があります。マットな質感ながらも高級感があって安物っぽさは全然ないです。それでいて触った感触はサラサラしていて、指紋は目立ちにくい素材になってるので、使い勝手がとてもよくて気に入ってます。

充電ケーブルはこんな感じ。最近のってこんな小さいんですよね。昔のってもっと箱っ!て感じで重量もあったんですが、すごく軽いです。まあ私はPDで充電するので、これを使う事はないです。

本体と比較するとACアダプタのサイズ感がよくわかりますね。とてもコンパクト。

開くとこんな感じ。キーボード周辺は天面と同じ素材っぽい感じです。安物っぽさはなく、かつ触り心地が良くてストレスは溜まりません。

液晶は非光沢なので自分が映り込みにくくなってます。今このPCを使ってブログを書いてますが、作業中の光の反射は全く気になりません。やはりパソコンで使う液晶は非光沢に限りますね。

ベゼル幅もとても狭いので、15インチモデルの割には大きすぎないのもうれしい所ですね。一般的なカラーボックスの天板の上に、ちょうどいい感じに収まります。置き場所に困らなくていいです。

裏面はさすがにプラスティック製です。でも見えない部分なので何の問題もないですね。むしろコストカットして安さを維持してくれていると考えると、コスト削減はユーザーとしてもありがたいです。

キーボードはちゃんと日本語配列になってます。公式HPだとキーボードの形が違って不安だった人もいると思います。安心して大丈夫です。ただエンターキーなどは普通のキーボードと比べて小さめになっています。

ただ他のキーと区別がつくように一部のキーにはへこみがついていて、触った感触でキーの判別ができるようになっています。地味に助かります。

Fキーは4つ区切りになってないのでノールックで入力は難しいです。ただ普通の文字入力は多少ご入力は増えたものの、今までと変わらずすんなり入力できました。おそらく慣れの問題でしょう。思った以上に快適にキーボードが使えてよい感じです。

ノートパソコンを開くとキーボード部分に浅く角度が付きます。排気的にも有利になるのが一石二鳥って感じでいいですね。

マウスパッドはかなり広めに作られていて、使用感も素晴らしいです。てか最近のモデルってマウス入力部分の区切りみたいなのないんですね。ない方が広々と使えていいですね。しかも2本指のタップで右クリックもできるみたいです。ほんと便利。

見た目だとわかりませんが、ちゃんと下の方には左クリック右クリックの入力判定がそれぞれあるので、クリックは押し込み派な人も安心してください。

指紋認証ついたモデルは電源ボタンの横にシールが貼ってあります。この電源ボタン自体が、指紋認証も行ってくれます。指紋認証はとても素早く、ピンコードの入力もいらないため快適です。

スリープ時に電源ボタンを押して、そのまま指を乗せ続けた場合も、指紋認証をしてロック外せました。指紋認証はオプションですが、値段は高くないので、個人的にはつけておくのをおすすめします。

本体右側部分。mircoSDスロット、USB Type-A、イヤホンジャックがあります。SDカードはさせないので、その時はUSBリーダーを用意しましょう。私もたまに使ってます。

本体左側部分、AC、HDMIポート、USB Type A、USB Type-Cと並んでいます。Type-CはPDに対応していて、対応した充電アダプタやケーブルを使用することでType-Cからでもノートパソコンの充電が出来ます。

HDMI端子を搭載してるので、HDMIケーブルがあればテレビなどに繋いで、ノートパソコンの画面を表示できます。

自分は普段パソコンでゲームや動画を楽しんでいるのですが、夏はパソコンのある自分の部屋が暑すぎて長時間使えません。そんなときはノートパソコンをクーラーのあるリビングで使って色々楽しんでます。HDMI出力ができると、テレワーク以外でもこういう使い方が出来ていいですね。

使用した感想

ここからは軽く使用した感想など。

起動時間

とても速いです。大体10秒ちょっとで起動してくれます。とにかく早い。しかも静か。

性能

ブログや動画視聴で使う分には全く重くなったりはしないですね。以前使っていた3万円のノートPCとは天と地の差があります。まあ価格が違うのだから当たり前でしょうが、Ryzen CPUの性能が良すぎるってのが大きいでしょうね。

とにかくRyzen CPUのコスパが尋常じゃない。インテルCPU搭載のノートPCって、どれも価格が高くなりがちなので、コスパ重視でノートを選ぶのなら、RyzenのCPUを搭載したモデルを買うと良いです。

ゲームに関してはsteamの、P4G(ペルソナ4ゴールデン)がフルHDで快適に動作したのを確認してます。省エネモードだとフレームレートがやや不安定になりますが、電源を繋いでおけばヌルヌル快適に動きました(Type-Cによる充電でも可)。ゲーミンググラフィックボードは搭載してませんが、PS2くらいのゲームならフルHDでも大丈夫そうです。

映像(視野角)、音質

液晶はIPSではないようですが、高視野角パネルを謡ってます。確かに映像はきれいに映ります。IPSにはやや負けてる感じはしますが、多少斜めからの視聴もほぼ問題なしといった感じです。動画の視聴には充分耐えられるものだと思います。

音質はノイズなどの雑音はないという意味ではクリアですが、やや籠ったような音なので音質は良いとはいえないです。あくまで最低限の音質は確保できているレベルという感じ。適当にyoutubeなどの動画とか見てる分には問題ないレベルです。

ただ音楽を本気で聴くのには間違いなく向いてないといえるでしょう。個人的に感じた唯一の残念な部分です。ただそもそも音楽目的で買うものではないし、コスパを考えると充分割り切れるレベルの音質です。

駆動音や排気音

駆動音はSSDを使っているのでとても静かです。ファンによる排気音は重い処理をしなければまず聴こえません。キーボード付近に耳を当ててやっと聴こえるレベル。

さすがに重い処理をするとそこそこの排気音は聞こえます。ゲームを動かすとファンはフルに動くのでさすがにその時は結構な音がします。ブログなどの軽い作業ではファンレスと変わらないレベルです。

よほど静かな生活空間でもない限り、ノートパソコンからの音が気になるってことはないでしょう。

納期について

今回購入したモデルは受注生産モデルとなっており、注文してから製造する為、発送まである程度の日数がかかります。その分即納モデルより全体的に安い事が多いです。

参考までに私が注文した時は、約2週間ほどで届きました。欲しいと思ったら、なるべく早めに注文するのが良いでしょう。

総評:高コスパ、高性能とテレワークにおすすめの一台

総合的に見て、文句なしの大満足の一台になりました。まさに私が求めてた予算内で買える、理想的なノートパソコンって感じでした。これが6万円台はほんとに安いと思います。

今までのInspironシリーズは、スペック表やレビューなんかを見てると、高コスパの代わりにスペックがやや満足いかないものであったり、デザインが安っぽくて残念な印象を受けてました。

しかし今回のNew Inspironシリーズは、価格以上の満足感を得られる商品になっていると感じ、購入してみたらその予想以上に満足のいくものになってました。これからのInspironシリーズには要注目ですね。

仕事用にできるだけ安くノートパソコンを買いたい人に、特におすすめの一台です。是非チェックしてみてください。それではまた。

個人的評価(5段階):星5(満点)

ノートパソコンは、メーカーの直販サイトで買うのが一番コスパが良いです。クーポンの適用は誰でも出来ます。

New Inspiron 15 5000ノートパソコン(2020年6月30日発売)(直販サイト)

クーポンコードは、カートの製品概要に表示されるので、コピペして、すぐ下のクーポンコード入力欄に貼り付けて、「クーポンを適用」を押しましょう。

デル株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました