本レビュー「最高の入浴法」はお風呂と正しく向き合える一冊

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもぐみんです。今日は本のレビューをしたいと思います。それがこちら

「最高の入浴法」です。お風呂に関する本ですね。

なんとなくで入っているお風呂について詳しくなる

みなさんはお風呂入ってますでしょうか?入っているならどうして入っていますか?気持ちいいから?汚れが取れるから?

もしそれくらいの認識でしたら、この本を取って見る事をおすすめします。この本ではお風呂の効果について詳しく書かれています。

熱いお風呂に入っていいのかとか、半身浴が健康にいいのかどうかとか、食後や就寝何分前にお風呂に入ればいいのかなど、そういった一度は感じたことがある疑問について解説してあります。この本を読んでそんななんとなくな状態を卒業することをおすすめします。

お風呂嫌いがすきになるかも

ちなみに私はある理由でお風呂が嫌いになりました。熱湯に無理やり入れさせられた時期があるのです。それ以来自分はお風呂に入るのが大嫌いになりました。ああいった経験によるトラウマは、頭では理解出来ていても簡単に払しょく出来るものではありません。

そんな自分でもこの本を読んだおかげで、少しお風呂への認識を、良い方向へもっていくことができました。この本がお風呂について向き合うきっかけになってくれたのです。少なくともこの本は、毎日シャワーだけで済ますのはもったいないなと感じさせてくれました。

旅行や温泉好きの方にもおすすめの一冊

この本ではお風呂の入り方だけでなく温泉の正しい入り方についても書かれています。温泉の種類や効能はもちろん、温泉に入るときの心得的なのも載っているので、旅行や温泉が好きな方にもおすすめできる本となっています。

まとめ

スマホの普及によりテレビ離れなどが起きていますが、忙しい現代ではお風呂離れも深刻になっています。シャワーだけで済ます人が増えているのです。しかし忙しい時代だからこそ、能動的にお風呂に浸かり、ゆっくりする時間を確保することが重要になってくるのではないかなと思いました。

みなさんもこの本を手にとって一度お風呂と向き合ってみてはいかがでしょうか?それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぐみんをフォローする
ぐみんブログちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました