PS5を今買うのは時期尚早なシンプルな理由

PS5
PS5

どうもぐみんです。

いまだ品薄のPS5ですが、運よく抽選に当たり、PS5を購入して1か月以上がたちました。で、使ってみた感想として、「確かに性能はすごいけど、焦って買うほどのものでもないな」と感じたので、その理由を書いていきたいと思います。

いざ買うとなると定価でも高い!別に要らないってなる

PS5の購入権利の抽選に当たった日にすぐに買いに行きましたが、いざ買うとなると結構高いということを改めて考えさせられました。いや性能を考えるとどう考えても安いんですけど、これに加えてゲームソフト買ったりしたら6万円超えてきますからね。いざレジに向かうとなると、ちょっと躊躇してしまいました。

まあPS4のゲームも普通に遊べるので、無料で遊べるAPEXなどでしばらくお茶を濁すという選択肢があるのはありがたいです。

現在も品薄の状態が続き、高額な転売価格が横行しています。高いときには10万円近くいくこともあります。しかし性能考えると、そこまでのお金を出す価値があるかと言われれば、絶対にNoと言い切れますね。定価でも充分高いのですから。

やりたいゲームが少ない

そして一番PS5を買う必要がない理由は、遊びたいソフトがなさすぎるからです。買う直前になって「これ買ったとしてもPS5のソフト遊ぶことほとんどなさそう」って思いました。とにかく現状発売されているゲームソフトがとても少ないほとんど洋ゲーばっかで数も少ない。実際にPS5でゲームを遊ぶにしても、PS4のソフトばかり遊んでます。ロード時間短縮やフレームレート安定などの恩恵は受けられていますが、すでにPS4を持っている人からすると必要性がかなり低いと言わざるを得ません。

最近はゲーミングPCでもほとんどのゲームが遊べてしまいますから、わざわざ高い値段で買う意味はないなと改めて思いました。転売ヤーから買えば買うほどPS5の品薄が続き、ソフトメーカーがPS5ゲームソフトが出さなくなるので、ゆっくり気長に待つくらいがちょうどいいと思います。焦って買う必要は1ミリグラムもありません。10万円出すならもう数万追加して、ゲーミングPC買いましょう。高性能なPCを買えば、他の趣味や副業だってできますよ。

PS4とPCを持ってないひとにしか勧められない

最近は多くのソフトがPC(Steam)向けにも同時発売の流れが主流ですので、PSハードでしか遊べないゲームってほとんどないんですよね。例えば龍が如くですら今やPCで全シリーズあそべます。

PS5でPS4のソフトを遊べるので、ゲームタイトルの選択肢自体は多いものの、PCユーザーの場合メジャーなゲームは既にPC上で遊んでることも多く、PS4のソフトが遊べるというメリットもすごく低い状態だったりします。

これらの理由から、わざわざ今すぐにPS5を手に入れる必要性なんてものは全くないんじゃないかなと感じました。品薄が解消してからで全然遅くないです。そのころにはゲームソフトも充実してる可能性がありますから。

PS4やゲーミングPCをもともと持っていない状態で、どうしてもPS4に遊びたいソフトがたくさんあるくらいの理由がなければ焦って買う必要は全くないです。いや、やっぱりどんな理由でも気長に待った方がいいです。それくらいPS5の魅力が現状薄いというのがPS5を手に入れた私の正直な感想です。性能は素晴らしいと思うのですが、やっぱりゲームソフトが少なければ、ハードなんてただの置物に過ぎません。あと1年くらいはのんびり待つのを推奨します。そのころにはPSVR2など魅力的な選択肢などが増えてるかもしれませんし、流行らなかったらやっぱり買わなくて良かったってなりますからね。それではまた。

コメント